結論から言いましょう!以下の項目に当てはまっている方は、余計なことを一切しないで、即刻専門家へのフリーダイヤルで無料相談をすべきです。

  1. 消費者金融を含めて借入先が3件以上ある
  2. 年収の半分以上が借金(年収300万円の人の場合は借金150万円ある状態)
  3. 10年以上支払いをしている
  4. 毎月、ATMの前で金利だけを支払っている自転車操業

債務整理のプロが色々な知恵を授けてくれるからです。自分では解決できない問題は専門家に丸投げしてっていんです。その為のプロがいるのです。

借金を完全返済できる債務整理の流れ

借金が返済できなくなってしまった時の解決方法の一つに債務整理があります。
債務整理は自分だけでも行うことができますが、確実に借金問題を解決するためには法律の専門知識が必要となるため基本的には弁護士や司法書士に依頼して行います。

弁護士や司法書士に頼むと料金が不安だという人もいるでしょうが、多くの法律事務所は成功報酬型の料金システムを採用しているので、料金を支払っても債務を整理するほうが返済の負担を軽減できます。

当事者同士の交渉による任意整理

債務整理の方法にはいくつかの種類がありますが、一番多く利用されているのが任意整理と呼ばれる方法です。
これは債務者と債権者が直接交渉することによって借金の減額や金利の引き下げなどを実現するものです。
任意整理のメリットとしては、複数の借入先がある場合に債務を整理する相手を選べるということがあります。
後に説明する個人再生や自己破産は原則的にすべての債権者に一律の対応となりますが、任意整理では相手を選べるので、今後付き合いを続けたい借入先とは交渉しないなど柔軟な選択ができます。

多額の借金を減額できる個人再生

借金が数千万円に膨らんでしまった場合、任意整理ではなかなか処理できないのが現実です。
そこで、多額の借金を減額したい場合に利用されるのが個人再生という手続きです。個人再生が任意整理と一番異なるのは、債務を整理するために裁判所の決定を必要とするという点です。

借金を減額したい債務者は裁判所に申し立てを行って、正当性が認められれば債務を整理することができます。
個人再生も自分だけで行うことが可能ですが、裁判に必要な書類を作成したり、裁判に出廷しなければならないため、弁護士を立てるのが普通です。

個人再生は特例として住宅ローンを整理する債務から外すことができます。住宅ローンを整理されてしまうと住宅を処分しなければなりませんが、住宅ローンを適用外とすることで、その後の生活の拠点を失うことなく借金問題を解決することができます。

借金を帳消しできる自己破産

自己破産は自分の財産のほとんどを処分する代わりに借金を帳消しにできる手続きです。裁判所が免責を決定することで借金が0になるので、新しい生活を始めることができます。
自己破産手続き中は制限を受ける職業もありますが、自己破産が成立してしまえば仕事上で制限を受けることはなくなりますし、選挙権を失うなど生活面での制限は一切ありません。

債務整理にはデメリットがあることも知っておこう

債務整理をすることで借金問題を解決できる可能性がありますが、一方でデメリットがあることも知っておきましょう。

一番でのデメリットは信用情報にキズがついてキャッシングやクレジットカードの利用ができなくなってしまうことです。永久に利用できなくなるわけではなく、5年から10年経過すれば再び利用することができるようになりますが、その間は不便を感じることもあるでしょう。

ATMの前で毎月金利だけを支払っている多重債務者は即刻行動!

たった一人で多重債務の問題については深酒の要因にもなります。弁護士や司法書士の賢い脳みそを借りる考えが大切です。任意整理などのアドバイスを貰ってカンタンに解決した事例は腐る程あるくらい。
いくら頑張っても返済がムリ!ムリな感じの場合は、スッパリ他人に丸投げする器用さが重要なんです。

借金に苦悩して自殺まで考えるよりは、自己破産を宣告して、人生リセットした方が得策だと言えます。ゲームと同じです。そう人生はゲームだと考えて良いのですクレジットカードのキャッシング等で金利だけを支払いながらグルグル回すのは、いずれは破綻する運命です。多重債務者の大半は、このパターンに陥っています。

毎月ATMの前で重りを背負ったまま入出金をしてはいないでしょうか?

この段階まで返済が苦しくなった場合の債務整理は、信用情報には事故情報ということでブラックリストに掲載されてしまいます。だけど、それがなんだって言うのでしょう?
「自殺を考えてしまう。」「家族に当たり散らす」等、そんな毎日では残酷すぎるのが借金問題だと思います。その問題をキレイサッパリに解決するための一連の流れなど、債務整理関連の把握しておくべきことをとりまとめてます。

返済ができないと人は、是非参考にして頂けたら幸いです。弁護士あるいは司法書士に任意整理をお願いすると、貸金業者からの執拗な取り立てがストップされます。気持ちの面で落ち着けますし、アナタに笑顔が戻ります。

仕事はもとより、家庭生活も満足できるものになるはずです。

裁判所が間に入るという点では、調停と変わらないと言えますが、個人再生というのは、特定調停とは相違して、法律に基づき債務を縮減する手続き。

債務整理は自分で勝手に判断しないことが超!超重要

多重債務の解決を専門にしている弁護士であるならば、普通の弁護士がサジを投げる問題も話しを聞いてくれます。

色々な抜け穴的な整理方法を提案してくれるでしょう。プロの法律家に「この問題は大丈夫ですよ」って言われるだけでも、精神面が穏やかになれること請け合いです。
銀行系に属するクレジットカードも、任意整理の対象です。カード会社に任意整理の依頼をした際に、口座が少々の間凍結されるのが普通ですがそこは我慢しまう


1ヶ月に一回の返済が厳しくて、毎日カップラーメンを食べる生活だと健康まで壊してしまいます。もし借金が年収の半分以上の金額になってしまって危険シグナルです。即刻、解決を図らないと地獄のような生活になってしまいます。

「もうアカン!絶対ヤバイ」そんな感情を無理やりに殺してはいけません。比較的にカンタンにできる任意整理を実施して、現実に支払い可能な金額まで抑えることに比例してストレスも激減するはずです。

借金を完全返済、もしくは債務整理をする為には自力で這い上がる勇気が必要なんです。世間の評判などを気にしてはいけません。5年後に借金のない生活の方が絶対にマシなんですから。

「減らない借金」は債務整理!借入状況別・借金相談